記事に「#ネタバレ」タグがついています
記事の中で映画、ゲーム、漫画などのネタバレが含まれているかもしれません。気になるかたは注意してお読みください。
見出し画像

誰が誰を死に至らせたのか…すべての秘密が明かされる。キーアイテムは「花」?ドラマ「夫婦の秘密」最終話解説。

最終話「愛の終着地」は本日TVerとNetflixでの配信がスタートしました。
皆さま、ドラマ「夫婦の秘密」全10話、いかがだったでしょうか。
楽しんでいただけましたか?
想像どおりの結末だったでしょうか?
最終回も、わたくしBS-TBS制作部の木暮が、自分なりの解説を交えながら気になったシーンをご紹介いたします。

【以下、最終話のストーリーに触れています。絶対知りたくない方は、最終話をご視聴のあとにお読みください。】


「俺は、誰のものにもならないよ」雅道の意外な言葉

最終話は衝撃シーンの連続だったと思いますが、そのなかで私が一番印象に残ったことがあります。
それは、雅道(豊田裕大)が穂花(臼田あさ美)に言った「俺は、誰のものにもならないよ」という言葉です。
とても意外でした。
過去のトラウマのこともあり、誰かを愛し、愛されることを求めていた雅道が、そんな言葉を……。
穂花に「私だけを愛すと誓って」と言われた時には、てっきり「誓う」と言い、穂花に対しては優しさを見せるのではと思っていました。
「やっと穂花に自分の本音を言えた」
雅道はそう思っているのかもしれない。
少なくとも私には、そんなシーンでもあったように思えました。
最初の頃の、どこか発言が薄っぺらかった雅道と比べると、大きく変わったと感じる場面でした。

実はこんな意味が…「夫婦の秘密」キーアイテムは「花」。

「夫婦の秘密」のキーポイントとして度々出てきたのが「花」。
実は調べてみると、意外な意味の花言葉を持っていたりします。
そんな花のなかから、ふたつをご紹介致します。

ダイヤモンドリリー

ひとつめの花は、雅道(豊田裕大)が水無瀬香子の娘・蘭(大月美里果)に渡した花、「ダイヤモンドリリー」です。
8話では逆に、街を離れる蘭が雅道にこの花をプレゼントしました。
この「ダイヤモンドリリ―」には、蘭の台詞にもあったように、「また逢う日まで」という花言葉があります。
しかし「忍耐」という別の花言葉も。
これはダイヤモンドリリーの学名「ネリネ」の由来となったギリシャ神話の水の妖精が水底で不自由な生活を送っていたことからきているそうです。
厳しい家庭環境でありながらも耐え忍んで生きてきた雅道と蘭を思わせる花言葉だと思いませんか?

黒いバラ

第1話冒頭から出てきた黒いバラ。
覚えていますか?
蘭が浜辺で持っていたり、花屋「リリアス」の前で持っていたり。
ドラマ初回から何か怪しげな気配を放っていたのが「黒いバラ」でした。
黒薔薇の花言葉は「永遠の愛」。
ですが、「あなたはあくまで私のもの」「死ぬまで恨みます」といった不穏な別の意味も……
蘭がどういった意味で「黒いバラ」を持っていたのか、考察してみるのはいかがでしょうか。

花言葉以外にも、花屋「リリアス」の店名の「リリー(百合)」と穂花が水無瀬香子に送った花「百合」など、このドラマでは「花」がストーリーと密接に結びついていました。
「花、そこまで気にしていなかったー!」という方はぜひ調べてみて下さい!
そういえば、最終話の最後にも花が出てきましたね……

初めてのクランクアップ【木暮は見た現場ウラ(!?)話】

私にとって「夫婦の秘密」は初めて経験するドラマ制作の現場でした。
現場で飛び交う言葉や雰囲気を理解することからのスタートでしたが、昨年12月の中旬、無事にクランクアップの瞬間に立ち会うことができました。
キャスト、スタッフ、みなさんの達成感に満ちた表情が記憶に残っています。
オールアップ時にはキャストの方に一言ずつコメントをいただくのですが、皆さん「現場の雰囲気が良く、リラックスしつつ演技に集中できた」とおっしゃっていたのが印象的でした。
各ドラマの現場によって雰囲気は違うと思いますが、今回の現場では主演の臼田あさ美さんを中心に、出演者・スタッフ含め、コミュニケーションを密にとっていたのを覚えています。

この写真はクランクアップの日、制作部さん(※)がお弁当に記念の熨斗をつけてくれたものです。
あ、これも黒いバラ……!
それはさておき、お弁当は複数種類があったので、「どっちのお弁当にしようかな」と楽しそうに話をしていたスタッフ・キャストの皆さん。
今でも記憶に残っています。
※ドラマの「制作部」さんは、ロケ場所の選定や許可取り、キャスト・スタッフの移動や食事の手配など様々な業務を担当している、スーパー頼れるスタッフの皆さんです。

では今日はこのへんで。
本当は今回がnoteも最終回の予定でしたが、視聴者の皆さんと共有したいことがまだまだたくさんありますので、後日もう1回、全体の伏線や重要シーンを振り返るnoteをアップする予定です。
引き続きよろしくお願いします。

書いた人:木暮望海(BS‐TBSコンテンツ編成局編成制作センター制作部)

木曜ドラマ23「夫婦の秘密」
BS-TBS 毎週(木)よる11:00~11:54
【TVer】無料配信は放送翌日の正午から1週間
【Netflix】でも配信中

出演:臼田あさ美 豊田裕大 山下幸輝 古川毅(SUPER★DRAGON) 桃月なしこ 別府由来 大月美里果 宮本真希 剛力彩芽
脚本:武井彩 蓼内健太
監督:守下敏行 本田大介 吉田和弘
プロデュース:鈴木早苗(BS-TBS)  有我健(BS-TBS) 巣立恭平(ROBOT)  小柳智則(EPISCOPE)
製作:BS-TBS ROBOT

▽公式ホームページ

番組公式X(旧Twitter)
https://twitter.com/himitsu_bstbs

番組公式Instagram
https://www.instagram.com/himitsu_bstbs/


この記事が参加している募集

#テレビドラマ感想文

21,466件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?