見出し画像

プロデューサー五箇公貴のドラマ「天狗の台所」バックストーリー。異世界転生ものなのに、心の原風景と地続きで懐かしい。

皆様、最終回までおつきあい頂きまして誠にありがとうございました。
プロデューサーの五箇公貴です。
私たちは、このドラマを見てくださった方々の気持ちが少しでも楽になればいいな、そして週末に少し時間を取って自分や大切な人のために料理をしてみようかな、と思ってもらえる作品になれば、という気持ちで制作してまいりました。

丁寧な暮らしって本当に難しいと思います。
でも日常の中で少しでも意識をしてそういう時間を作ってみることで、気持ちがフッっと楽になれたり、大切なことに気づけたりする瞬間がある気がします。

私も撮影中は忙しく、静岡の古民家と東京を行き来する毎日でした。
ある夜、帰宅途中でコンビニに立ち寄り、そばを買って帰ろうと手に取ったのですが、ふと思うに至り、帰宅して乾麺をゆでて食べました。
単純にそばをゆでるだけ、めんつゆも出来合いでしたが、自分のために少し時間を使っていることに、どこかホッとして「有意もこういう気持ちを大切にしているんだろうな」と思ったことを覚えています。

第3話より
有意のオフィスでのシーン

私が敬愛する脚本家の向田邦子さんは「この家がどういう朝ごはんを食べるのか、献立ができればもう話はできたも同然」というのが口癖だったと言います。
料理や食事というのは人が生きる上で欠かせない大切な営みであり、ドラマにおいても時としてセリフ以上に物を語り、見ている人の心を魅了します。
向田作品においても料理は、劇中のキャラクターを瞬時に伝える重要な存在として幾度となく登場しました。

最終話より
「隠遁納め」で基がふるまった御膳

今回の「天狗の台所」においては、料理が兄弟の距離感を縮め、天狗の一族と周辺の人々をつなぐ存在として描けたらいいなと思いました。
基はリスの様にご飯をほおばりながらも、かみしめる様に一品一品を味わいます。
ぶっきらぼうだけどチャーミングな所もある基を見て、オンも少しずつ兄に心を開いていく。
二人の心情変化の過程を、食べることを通じてじっくりと見せたいなと思いました。

最終話より

初めて原作を読んだとき、都会の子が古民家で一年暮らすって、もはや現代ではファンタジ―の世界なんだなという印象を持ちました。
古民家に行ったら天狗の兄がいた、そしてしゃべる犬もいた。
それって異世界転生ものなのに、どこか私たちの心の原風景と地続きで懐かしい作品。
田中相さんの設定の面白さやキャラクターの魅力に感服するとともに、この素敵な原作を実写化できたら、と心から思いました。

そしてキャスト、スタッフ、沢山の方々の力が集結してこのドラマが生まれていきました。
中でも美術スタッフの及川さんは、お借りした古民家に映画のセットのような素晴らしい装飾を施してくれました。
使い込まれた台所の調理器具の数々、土間に飾られた季節の花、撮影期間中に庭で育て続けた野菜の数々。
それは作品への愛情あふれる仕事でした。
私たちが最初に古民家に入ったときの「まさに基の台所がここにある!」と思った気持ちは今も忘れません。
その時にこれはすごくいい作品になるなと確信しました。

第3話より

そして最後に、視聴者の皆さんには毎回勇気をいただきました。
番組に出てきた料理を再現したり、イラストを描いてくださったり……。
沢山のあたたかい感想は本当に私たちの支えになりました。
応援ありがとうございました。

ドラマの「天狗の台所」の基とオンの一年は一旦今回で終わりを迎えました。
でも彼らは今も「自分が豊かに実る場所」を求めて生き続けています。
なので、またどこかで彼らと会えたらいいなと思っています。

最後までご視聴ありがとうございました。

書いた人:五箇公貴(ドラマ「天狗の台所」プロデューサー)

写真は自作のチェリーパイ。
見た目より味重視です。

■五箇公貴/プロデューサー
代表作にドラマ『サ道』、『電影少女 VIDEO GIRL』シリ-ズ、 映画『舟を編む』、『ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE』、YouTube『良々のお通し』、書籍「サイコーサウナ」(文藝春秋刊)など、幅広く活動中。
X(旧Twitter)
https://twitter.com/gokakimi
Instagram
https://www.instagram.com/kimitakagoka/?hl=ja

木曜ドラマ23「天狗の台所」
BS-TBS 毎週(木)よる11:00~11:30
【TVer】無料配信は放送翌日の正午から
【U-NEXT】【Lemino】【Amazonプライムビデオ】【Hulu】でも配信中

出演:駒木根葵汰 塩野瑛久 越山敬達 / 白鳥晴郎 市村優汰 村山輝星 / 浅茅陽子 本田博太郎 角田晃広(東京03)〔声の出演〕 渡辺真起子 / 原田泰造
原作:田中相『天狗の台所』(講談社「月刊アフタヌーン」連載)
主題歌:「人人」折坂悠太(ORISAKAYUTA)

▽公式ホームページ

番組公式X(旧Twitter)
https://twitter.com/bstbs_drama23

番組公式Instagram
https://www.instagram.com/bstbs_drama23/

▽これまでのnote記事はこちらから


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?