見出し画像

ただののん兵衛な私が酒場放浪記のファンクラブを起ち上げるまで〔後編〕

ファンクラブの「なかの人 一合」です。
BS-TBSファンクラブオープンまでのわたくしの日々、後編にお付き合いください。

〔前編〕はこちらからどうぞ!

ハイテクの裏側

転職後、ファンクラブ担当に任命された、なかのひと一合(一号ではございません)。
何をしたらよいのか、皆目わからぬ中、TBSグループで「酒場放浪記」を見てくださっている方々にアンケートを実施することで、アイデアを募る作戦に。
そして、アイデアを集めるのは簡単だが、形にするのは難しい、ということを身をもって知ることに…。

狂気じみた週末

(´ω`)わたし
「……………やりましょう。」
 
頭で考えるより、口が先に動くとはまさにこのこと。
覚悟を決めた私は、とある土曜日の朝、6時に目覚め、ふっとコーヒーを口に含み、まずは日光浴をして軽くヨガ……なんてことはなく、真っ先に目覚めの冷えピタをおでこにはり、レッドブルを飲み、ひたすらお店の緯度と経度を検索→コピー→入力することに。
 
「こんな週末もいつかきっといい思い出になるよねぇ~」と、半ば狂気じみたテンションで、ひたすら、検索からのコピー&ペースト!検索からのコピー&ペースト!
途中、サンドウィッチマンや神田伯山さんのラジオを聞いてケラケラしながら、ひたすら検索からのコピー&ペースト!検索からのコピー&ペースト!

実際の作業シート。
これをおよそ1000軒以上入力する週末は刺激的でした。

いや、でも思いました。
これだけの数のお店にお世話になって、「酒場放浪記」は今に至るんだなと。
なかには既にお店を閉じてしまったお店もあって、最終日の様子とかの新聞記事を見つけるたびに、立ち止まって読み込み、じーん。
酒場って、お店をやる人の思いがあって、人生があって、そこに交わる常連さんがいて、一つの歴史が生まれているんですよね。
 
いつの日かこんな店もあったなあ~って、ファンクラブのみなさんと語らう会をやりたいな~なんて、じんわりしながら「あ、あと800件以上ある…」なんてことを繰り返したのち、なんとか全件入力致しました。
 
(´ω`)(Yさんがしれっとお手伝いしてくださったときは思わずほろり…。)

完成した「放浪マップ」。現在地からお店を探せます!!

ふりむけばヤマバ

その後も、過去作品をサイトにのせるために、過去の古~いテープの捜索活動が行われたり。
(ADのUちゃんが見つけてくれました!ファインプレー!)
古~いテープが壊れないことを祈りながら編集作業を行ったり。
法律の「ほ」の字もわからなくて規約が作れず、酸欠の金魚のように口をパクパクしていた私たちに、手を差し伸べてくださった弁護士さんに感謝の涙を流したり。
それはそれはいろんな山場がございました。
 
なかでも、「みなさんでOAを見ながらコメントし合える場所があったらいいなあ~。飲んでいる杯数もシェアしながらコミュニケーションとれたら楽しいなあ~」という、私のわがままに根気強くお付き合い頂き、サービスの一つである「おしゃべり処」を、イチから作ってくださった協業先のみなさんには、改めて「わがままですみませんでしたあああ!!」とこの場を借りてお詫びさせて頂きます。
 
でもおかげさまで、ファンクラブ第1回目の放送時から、たくさんの方に「おしゃべり処」にご参加頂き、「みんなで見るの楽しい~」というコメントを見るたびに、このうえない喜びを感じております。 

リアタイのチャットスペース「おしゃべり処」
こんな感じでやってます。
たくさんの方にご参加いただけるとうれしいです。

みなさんは同志です

本当に手探りで始まったファンクラブですが、今後、ファンのみなさんの酒場ライフが少しでも楽しくなるようなイベントや企画、サービス、グッズを考えて行きたいと思っております!
そして、類さんが積み重ねてきた歴史、フィールドワークの情報のプラットフォームのような場所になれればいいと、恐れ多いかもしれませんが、思っておりますので、ファンのみなさんと一緒に楽しみながら、この大切なコミュニティを育てていきたいです。
 
(ファンクラブのみなさんには、番組をお楽しみ頂く、というのと同時に、「日本の酒場」という文化を末永く伝え、残していく同志だと勝手に思っておりますのでお忘れなく!ヽ(^o^)丿)
 
ここまでお読み頂き、ありがとうございました。
いつかみなさんと乾杯できる日を夢見ながら、乾杯の練習を欠かさないよう、今宵もゆるり頂きます~(゚∀゚)🍶

「酒は愛」
今年の夏に銀座三越で開催された
「ほろ酔いの王国 吉田類展 Vol.3」にて

書いた人:BS-TBSファンクラブ なかの人 一合

▽「BS-TBSファンクラブ」会員募集中です!
現在は「吉田類の酒場放浪記ファンクラブ」が活動中。
2023年度には「町中華で飲ろうぜファンクラブ」の開設も予定しています。

▽「BS-TBSファンクラブ公式Twitter」も、よろしくお願いします。


この記事が参加している募集

仕事について話そう

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?