見出し画像

プロデューサー鈴木早苗のドラマ「天狗の台所」バックストーリー。「人」と「人」がつながり、作品は出来上がっていく。

「天狗の台所」プロデューサーの鈴木早苗です。
最終回放送から1週間経ちますが、VaVaさんのサントラ配信開始は来週12月20日(水)正午です!
年末年始、折坂悠太さんによる主題歌「人人」とともにぜひお楽しみいただければ幸いです。

(左)オリジナルサウンドトラックジャケット /(右)劇伴を担当したVaVaさん
↓サントラの詳細はこちらから↓

https://bs.tbs.co.jp/tenguskitchen/news/

振り返りますと、「サ道」ファンの私がTBSの後輩からプロデューサーの五箇公貴さんを紹介してもらい、半ば強引に「ドラマ一緒にやりましょう」と持ち掛け、企画が立ち上がったのは2022年の秋から冬になる頃。

連載中のコミック「天狗の台所」は、まもなく2巻が出るかな、という時期で、この時点での連続ドラマ化はなかなか難しいだろうなと思いつつ、五箇さんと一緒に講談社さんにお願いにあがったところ、原作の田中相先生を始めとする方々でご検討いただき、いただいた言葉は「プロデューサー陣を信用してお預けします」!

ありがたきご決断を受けて、五箇さんは「サ道」で素晴らしいタッグを組んでいる長島翔監督に声をかけ、私はとっても気になっていた俳優・駒木根葵汰さんに声をかけ、というところから実質の作業がスタートしました。

有意役の塩野瑛久さんは、「食」に関するドラマの出演が続くのはどうだろう?と悩んでいらっしゃったところ、五箇さんの熱い手紙で出演を快諾してくださり、しつこいくらいオーディションを繰り返し、越山敬達くんとも巡り会え……。

「お料理シーンがきれい」「風景に心癒される」と数多くの大変ありがたい評価をいただいた「天狗の台所」ですが、最終的には「人」が「人」を信頼し、「人」と「人」がつながり、作品は出来上がっていくのだと改めて感じた1年でした。

画の中にさりげなく映り込む花、衣装の色合い、光の加減、気持ちを穏やかにしてくれる音楽、日々更新されるSNS、すべてのスタッフが要求される以上の仕事をこなし、放送、配信に至りました。

TVerでは1月5日(金)正午まで最終回を配信予定です。
U-NEXT、Amazon Prime Video、Lemino、Huluなど配信プラットフォームでは全話配信しておりますので、ぜひそちらのほうもご覧いただき、「天狗たち」に会ってやっていただければ幸いです。

皆さんからいただいたご意見・ご感想など、ほぼほぼ拝見しております。
その温かい応援がどれほど力になったことか……。

サントラも実現できたし、あとは……。
様々なご期待に応えられるかは、これからの私たちの「人」と「人」の仕事だと思っております。
ではではまた。

書いた人:鈴木早苗(BS-TBS「天狗の台所」プロデューサー)

木曜ドラマ23「天狗の台所」
U-NEXT】【Lemino】【Amazonプライムビデオ】【Hulu】で配信中
※最終話のTVer配信は 2024年1月5日(金)正午まで

出演:駒木根葵汰 塩野瑛久 越山敬達 / 白鳥晴郎 市村優汰 村山輝星 / 浅茅陽子 本田博太郎 角田晃広(東京03)〔声の出演〕 渡辺真起子 / 原田泰造
原作:田中相『天狗の台所』(講談社「月刊アフタヌーン」連載)
主題歌:「人人」折坂悠太(ORISAKAYUTA)
音楽: VaVa(SUMMIT, Inc.)

▽公式ホームページ

番組公式X(旧Twitter)
https://twitter.com/bstbs_drama23

番組公式Instagram
https://www.instagram.com/bstbs_drama23/

▽これまでのnote記事はこちらから

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?